アパート投資の物件購入で迷ったら見るサイト

アパート投資で失敗しないためのサポート会社&物件選びナビ

投資用アパートで資産運用をお考えのオーナーさんに向けて、アパート投資で頼りになるサポート会社情報をまとめたサイトです。
※情報は2014年3月時点のものです。サポート会社の情報については、公式サイトで最新のデータをご参照ください。

アパート投資の成功につながる情報を網羅!

アパート投資の物件購入で迷ったら見るサイトアパート投資で資産運用をとお考えのオーナーさんに向けて、当サイトでは投資を成功に導くためのさまざまな知識をまとめています。

アパート投資で大事なことは、入居者にとって魅力のある収益性が高い物件(=空室リスクが少ない)を購入し、安定して収入があるようしっかり管理を行うこと。

そのために最も重要になるのが、価値の高い投資用アパートを取り扱っていて、なおかつ管理体制でも信頼できるサポート会社をパートナーに選ぶことです。

そこで、当サイトでは以下の条件を備えた「アパート投資で頼れる会社」をピックアップしました。

収益性が高い投資用アパートを取り扱っている
オーナーの希望・条件などを踏まえて最良の投資プランを提案してくれる
空室対策、物件価値の維持・管理といった経営サポート力が高い

その中でも特に評判が高い5社の比較も行っていますので、参考にしてみてください。

アパート投資で頼れる会社BEST5

今どきの投資アパート購入事情

収益性の高いアパートこれまで不動産投資においては、「都心の駅から近いマンション」が収益性に優れた物件の王道とされていました。

ですが「安心・安全な周辺環境」や、「自然を実感できるロケーション」など、入居者のニーズが広がっている現在では、投資用物件の価値基準も広がりを見せています。

そのため、高価値な物件=都心部の物件とは、必ずしも言い切れないのが現状です。それでは、これからのアパート投資では、どのような物件を選べば良いのでしょうか。

都市部と周辺エリアでアパート投資に有利なのは

市場で売り出されている都心部の中古マンションの中には、1,000万円以下の物件もあります。

初期投資を抑えられる意味では魅力的な物件と言えますが、安く売り出すには、その理由が存在すると考えた方が賢明でしょう。

価格だけにつられて購入してしまうと、莫大な修繕費用が掛かったり入居者が全く付かないなど、思わぬ損失を招いてしまうことがあります。

現在の傾向として、都心部の物件が頭打ち状態なことと比較すると、埼玉県など関東の周辺エリアは地価が安くなっています。都心のマンション1室を購入する金額で、土地付きの新築アパートを購入できるのは利点です。

最近は圏央道の整備によって都心へのアクセスも良くなり、地盤が強固で災害にも強いことから企業の本社転入も盛んに行われています。人口もここ3年間で4万人増加していることから、関東周辺のエリアでは、今後ますます単身者向けのアパート需要は増加すると考えられます。

一棟買いと区分所有のメリット・デメリット

マンションの1室単位で購入する区分所有と、土地付きアパートを丸ごと所有する一棟買いでは、どちらを選ぶべきか。アパート投資のオーナーさんには、そこも思案のしどころです。

マンションの区分所有は、購入金額が安いということが最大のメリットです。区分所有用の投資マンションの価格はピンからキリまでありますが、中古マンションの中でも特に築年数のかなり古い部屋を購入するのであれば、アパート1棟を購入するよりも安く購入することができます。

しかし、マンションの区分所有で最大のリスクとなるのは、入居者の退去による空室の発生によって、家賃収入が減るどころかゼロになってしまうということです。

一方、アパート一棟買いだと、購入金額は区分所有に比べて少し高くなりますが、空室が1つ発生しても全体的な収入への影響が少ないという大きなメリットがあります。例えば、アパート1棟にある部屋数が10部屋だと仮定すると、1部屋空室が出てしまっても、全体の家賃収入から1割減るだけで済みますが、マンションの区分投資では1部屋の空室が出てしまうと家賃収入がなくなってしまいます。

また、アパート投資には、土地を所有できるという大きなメリットがあります。マンションの区分所有では、部屋を購入することはできますが土地を購入することは出来ないので、マンションを売ってしまうと残るものが何もなくなってしまいます。しかしアパート投資では土地と建物全てが自分の持ち物なので、土地自体が資産となるのはもちろん、家賃設定やメンテナンス、リフォームなどをオーナーの自由に行えることも一棟買いの大きな特徴です。

節税の対策にもなる

アパートやマンションの投資には、本来支払うべき税金を減らす節税の効果があります。節税と言っても、単なる家賃収入の赤字による節税ではなく、減価償却を利用した節税対策です。

減価償却とは、時間の経過や使用によって価値が下がる固定資産を取得した際、その取得費用を税法で定められた耐用年数に応じて経費として落とすことができるというものです。

つまり、減価償却をすることによって、毎年の家賃収入で得られるキャッシュフロー(収益)を税務上では収入なし、または赤字として落とすことができるため、節税の対策としてもアパート投資は有効なのです。

成功オーナーに聞いた「うまくいく秘訣」

40歳代男性/収益アパート1棟所有埼玉は土地価格が安いため、土地を買ってアパートを新築しても十分に利益が出ることが解りました。最初は不安でしたが、設備の整ったアパートを建ててもらったため、入居者も順調に決まり充実したアパート経営が実現しています。
60歳代男性/収益アパート3棟所有株やFXのように一喜一憂しないで安定した収入が得られるのが、アパート投資の魅力です。10年間家賃保証の借り上げプランだと、空室リスクが軽減できるので助かります。私は老後の生活のためにアパート投資を始めましたが、30歳代、40歳代の人たちにも資産運用としてのアパート投資にチャレンジして欲しいと思っています。
埼玉県/収益アパート6棟所有ここまで多くのアパートのオーナーになれるとは思いませんでしたが、1 棟目がとても順調だったことから金融機関の信用もできて2棟目、3棟目と増やすことができました。管理会社が土地の購入からアパートの建築、一括借り上げまですべて1社で対応してくれるので、オーナーとしては非常に助かっています。複数棟のアパートを所有していると、将来的に資金が必要になったとき一部を売却して資金が作れるから安心です。
40代/収益アパート1棟所有以前私は、自己資金を増やすための方法として、株に興味を持ちました。しかし、値動きが激しい株価の取引は会社員の私には厳しく、長期保有するにも日々の市況が気になって仕方がありませんでした。そんな時、たまたま知り合いがやっている中古アパート経営の話を聞き、自分でもアパート経営をやってみようと15年ローンを組んで新築のアパートを購入しました。購入前は、入居者の確保や賃貸管理面での不安でいっぱいでしたが、いざ始めてみると順調に入居者も増え、今では満室でアパートを運営することに成功しています。賃貸管理は管理代行会社に全て任せていますし、入居者の確保も不動産会社にお願いしているので、実際にやることと言えば、確定申告や月々の入出金管理をする程度です。この調子で、自分の娘のこれから必要となる教育費をコツコツためていきたいと思っています。

失敗オーナーから学ぶ「運用時の注意点」

30代男性/過去に収益アパート1棟保有私はアパート1棟を過去に自分で運用していたのですが、立地面や頻発な退去によるリフォーム費用によって収益がほとんど上がらなくなり、泣く泣く手放す羽目になりました。最終的に購入時と同じ金額より少し高くで売れたのでよかったのですが、アパートの空室対策や居住者の賃貸管理、広告出稿を一人で行うのは大変厳しかったです。次回運用するときは、必ず家賃回収やリフォームなどのサポートが任せられる賃貸管理業者に全て任せたいと思います。
50代男性/収益アパート4棟所有私の持っているアパートのうち2つは地方都市にあり、駅からも遠いのですが、これらのアパートを投資用に購入したのは、近隣のとある部品の工場や近くの専門学校へ通う学生を狙うためでした。しかし、工場閉鎖による整理解雇のためか、アパートの空室率が半年で40%ほどになってしまい、全く収入が見込めなくなりました。また、専門学校のキャンパス移転によって、学生の入居が見込めなくなったアパートもあります。最初は順調だったアパート投資も、場所によっては目的の層を狙い過ぎることで大きなリスクを背負いました。ですから次は様々な層の流入が見込める都心部に目を向け、立地面で的確な指示を出したり、明確な収益プラン・空室対策を立てられるような投資サポート会社と手を組んで運用したいと考えています。
40代女性/収益アパート1棟所有私は、今まで貯めていた資金と80%の融資を銀行から受けて、アパート1棟の購入に踏み切りました。当時は新築ということもあったため、特に空室対策をせずとも満室になり、順調に収益アパートの運営ができていました。それから5年程経つと、退去に伴う修繕費や新規入居者獲得のための広告出稿費、所得税や住民税がかさなって、あまり収益が得られている実感はなくなりました。立地面の悪さが空室率の高さの原因だと思ったので、結果的にアパート1棟を仕方なく手放す羽目になりました。今所有しているアパートは、空室対策のできる投資サポート会社に立地面のアドバイスを頂いて、賃貸管理業務も全て任せているため、かなり安定した収益が出ています。

失敗しないために!アパート投資会社5選を見る>>

 
ページトップ▲