アパート投資で失敗しないためのサポート会社&物件選びナビ

投資用アパートで資産運用をお考えのオーナーさんに向けて、アパート投資で頼りになるサポート会社情報をまとめたサイトです。
※情報は2014年3月時点のものです。サポート会社の情報については、公式サイトで最新のデータをご参照ください。
HOME » 収益アパート購入で役立つ5つの知識 » アパート管理会社を選ぶポイント

アパート管理会社を選ぶポイント

投資用の収益アパートは、どんな不動産会社から購入すべきか?その見極めポイントを解説しています。

収益性が高いアパートを取り扱っているか?

アパート投資では、収益性が高いエリアの良質な物件を手に入れることが大切です。特に単身者向けのワンルームアパートは、人口増加率が高い地域で需要が多いため、その地域の収益アパートを多く取り扱っている不動産会社を選択すると良いでしょう。

投資物件の取扱エリアは各社それぞれですが、大きく分けると東京や大阪など都市部にターゲットを絞っている会社と、埼玉や千葉など都市周辺エリアを狙い目としている会社の2つに分けられます。

都市周辺エリアの収益アパートを専門に取り扱っている会社の場合は、同じ地域で長く地域密着の営業を続けている会社の方が、アパート経営に有利なサポートを受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

管理サポート体制は整っているか?

アパート投資は購入してからが本当の始まりです。初めての投資ではアパートを購入すると終わったように気がしてしまうものですが、いざ経営を始めようというときになって、賃貸管理の会社を探し始めるのも大変な労力です。

できれば土地を探すところから収益アパートの建築、入居者募集や賃貸管理までを一貫して引き受けてくれる会社を選ぶと、最小限の労力で安心してアパート経営が始められるでしょう。

アパートの経営には税務や法務など専門的な知識が必要です。アパート投資に長い経験を持ち同じオーナーから何度もリピート注文があるような業者なら、確実に収益を上げるための賃貸管理のノウハウを持っていると考えられます。

トラブルの際にも物件探しから手伝ってくれた管理会社と付き合いが続いていることは、とても心強いものです。

家賃保証などのバックアップが充実しているか

アパート投資の最大のリスクは、空室や退去、滞納などによって家賃収入が減少したり不安定になることです。

賃貸管理を専門の業者に任せていればリスクは軽減できるものの、入居者の都合にまで介入することはできないので、いつ空室や滞納が発生するか不安な思いを続けることになってしまいます。そんなときアパートオーナーにとって嬉しいのが、空室保証や家賃滞納保証などの各種保証サービスです。

空室保証

管理している収益アパートに空室が発生した場合、一定の割合で家賃を保証するシステムで家賃保証とも呼ばれています。

またアパート経営の開始時から一定期間、または最初に満室になるまでの空室分の家賃を保証する「満室保証」も空室保証の1つと考えられます。

滞納保証

家賃滞納が発生した場合に、滞納分を保証会社が立替えるシステムです。滞納に伴う入居者への督促や勤務先、保証人への連絡など煩わしい作業も全て保証会社が行うため、オーナーの手間が大幅に軽減されます。

滞納保証には3ヵ月分、6ヵ月分など立替え額の上限が定められているのが一般的です。

一括借り上げ(サブリース)

10年から30年程度の期間を定めて、管理会社が収益アパートをオーナーから借り上げて経営するシステムです。

オーナーは空室や家賃滞納などを気にすることなく、毎月決められた賃料収入が得られるため安心して投資計画が行える利点があります。

賃料は経年や景気動向によって変動するのが一般的ですが、管理会社の中には10年程度賃料の変更を行わずに一括借り上げするものもあります。

 
ページトップ▲